高円寺居酒屋「入りづらい店」お店の一押しはチリコンカン!多国籍な料理が食べられるお店

入りづらい店 高円寺外食

高円寺「入りづらい店」は手づくりの肴と、種類豊富なお酒が楽しめるお店。

2020年10月30日にオープンしたばかりの新店。
場所は庚申通りの終わり「ンメモンラボ」跡地。

お店の扉は閉じられていて、店名で牽制されるので、店内に入るにはなかなか勇気がいる。
入ってしまえば、店内は明るく店主は優しい方なので、落ち着いて料理を嗜むことができる。

店主は世界一周旅行をされた経験があり、各地の市場でローカル料理を食べ歩かれてきたそう。
なのでメニューには、各国さまざまな料理が並ぶ。

今回は店内で、お店お薦めのチリコンカンライスを頂いてきた。

高円寺居酒屋「入りづらい店」外観

高円寺居酒屋「入りづらい店」外観

お店は高円寺北口から歩いて8分ほどの、庚申通り沿いほぼ早稲田通り近くにある。

扉は閉じられていて、店名が店名だけになかなか入りづらいw

だが扉横にはガラス窓がついているので、気になればそこから店内を覗き見ることができる。

高円寺居酒屋「入りづらい店」店名

店名のロゴ。
「WELCOME!!」と書かれているので、迷うことなく入ってよし。

高円寺居酒屋「入りづらい店」外看板

店前看板。

日によっては、フェアなどのイベントも開催されている。

ちなみに店内は、嬉しいノーチャージ。

高円寺居酒屋「入りづらい店」店内

高円寺居酒屋「入りづらい店」店内

店内は明るい照明で、前テナントで入っておられた「ンメモンラボ」さんをうまく居抜きで使われている様。

【閉店】ンメモンラボの過去記事↓

10席ほどの長いカウンターと、2名掛け、4人掛け机が1つずつ。

明るくて陽気な店主が迎えてくれる。
「お店に入ること」だけが「入りづらい」ので、店内に入ってしまえばとてもリラックスできる空間。

高円寺居酒屋「入りづらい店」店内看板

店内看板。

チリコンカンがお店お薦め。
料理には野菜を多く使われていて、油っこいものは置いていないので、ヘルシーに食べられるのもうり

ワインはお手軽価格で頂ける。

店主と少し雑談させて頂いたが、飲食店をするのが小学2年生からの夢だったらしく、ようやく念願が叶ったのだそう。素敵なお話。

高円寺居酒屋「入りづらい店」メニュー

高円寺居酒屋「入りづらい店」ドリンクメニュー

ドリンクメニュー。

お酒の種類が豊富で、値段がとっても安い

高円寺居酒屋「入りづらい店」フードメニュー

フードメニュー。

変化球に富んだラインナップで面白い。

ポトフやチリコンカンが人気とのこと。

ご飯ものだと、チリコンカンをご飯の上にかけた「チリライス」がお薦め。

チリライスを実食

高円寺居酒屋「入りづらい店」チリライス

今回はチリライスを注文。800円。

ほんとにタコライスの様な感じだ。
量もたっぷりで男性には嬉しい。

高円寺居酒屋「入りづらい店」チリライス実食

合挽き肉がたっぷり入っていて、ガッツリした味わいで美味しい!
赤インゲン豆の旨味も存分
で、食感もホロホロしてて良い。
ニンジンのすりおろしやトマトなども入っていて、野菜の旨味・甘みを感じられる

チリコンカンの下にはチーズが乗っていて、ニューンと伸びる
上にかかっているパセリの香りも、良いアクセントになっている。

挽き肉がたっぷりだから、すごくご飯に合うんだなぁ。
ほんとにタコライスの様な感じで、ガツガツ食べられる。

美味しかった!
量もたっぷりで丁度よかったなぁ。

今回はお酒を頂かなかったけど、お酒の値段が安いのも凄く良い。
今後は料理の品数も増やしていくそうで、色んな国の変わった料理にトライしてゆきたいとのこと。

どんなメニューが追加されていくのか、今後が楽しみだ。


それではまた明日。

お店詳細

お店の詳細は公式インスタグラムでご確認ください。