高円寺スイーツ「新カステラ」今話題!カステラの常識を破る新食感

新カステラ 高円寺外食

高円寺の中通り商店街を歩いていると、
黄色とブラウンのひと際目立ったカステカラーの建物が目に付く。

2017年にお店がオープンした当時は、
高円寺駅南口のロータリーの場所にお店があったが、
その後ほどなく移転して中通りにやってきた。

当初からお店を知っているが、
オープン当時からすでに店外に行列を作る人気ぶりで、
いまだに尚その人気は衰えることを知らない。

若い女の子はカップタイプを持って店先に座って
写真を撮りながら食べていたり、
マダムは大きい塊のカステラを一気に3、4個買っていく。
家で切って食べたり、ご近所さんに配ったり、
お土産に渡したりするのだろう。

しかしこのカステラ、ほんとに不思議な食べ物なのだ。食感が独特
名前に「新」が入っているとおりほんとに新しいし、
他で食べることができないオンリーワンさがある。

台湾の淡水地域の名物で「シエンカオダンガオ」という
スポンジケーキのようにふかふかで、大きなサイズのカステラがある。
屋台などで売られ、昔から親しまれているらしい。
それを日本でも気軽に多くの方に食べてもらいたいという思いから、
日本人の口に合うように独自に開発したのがこの新カステラだ。
イースト・ソーダなどの化学添加物を使用していないこだわりぶりだ。

今回は店内で新カステラのカップタイプを実食したので、レビューする。

高円寺スイーツ「新カステラ」外観

新カステラ外観

中通り商店街ではひと際奇抜なデザインのお店。
建物そのものがカステラカラーになっていて、何ともわかりやすい。

新カステラ外観2

ガラス張りになっていて店内を覗ける。
休みの日なんかはほんとに人気なので、
中を覗いて人がいなければ直ぐ買った方がいい。
垂れ幕の「S.C.DESSERT FACTORY」のSが後足しされてるところが少しツボ。

新カステラポスト

ポストもカステラ。カステラそのものが張り付いてる。

新カステラベンチ

店先にはベンチ。若い子はここに座ってカップカステラを
写真撮りながら食べている。

新カステラ外観3

たしかに、しっかり新高円寺の名物になっていると思う。
新カステラには月代わりの味があって、12月はイチゴとのこと。
過去には、チョコ、コーヒー、ほうれん草なんてのもあったなぁ。

新カステラキャラクター

お店のキャラクター。「SINCAくん」と「STELLAちゃん」。
二人合わせて新カステラ。
良く考えられた名前。

高円寺スイーツ「新カステラ」店内

新カステラショーケース

ショーケースの中。こちらはプレーンタイプのものが並ぶ。
ティッシュ箱くらいあるサイズのもの、生クリーム入り、カップタイプがある。

新カステラショーケース2

こちらは季節限定のイチゴ。
デコレーションされて絵が入っているのがなんとも可愛い。
こちらもプレーン、生クリーム入り、カップタイプがある。

トッピング用の生クリームなども売っている。

新カステラ地方発送

新カステラは地方発送も承っている。これは贈答品としても喜ばれそう。

新カステラ切っているところ

運が良ければ、大きいサイズのカステラを切っているところを見ることができる。ほんとふわふわでプルプルなのだ。

新カステラ簡易ベンチ

店内にもベンチと簡易テーブルがある。今回はここで食べてこう。

新カステラCUPプレーン 実食・レビュー

新カステラプレーン

可愛いカップ。
これだと持ち運びも簡単だし、商店街を食べながらウロウロできる。

新カステラプレーン2

こんな感じで細長い切られたカステラが12個入っていた。
手づかみで頂く。

新カステラプレーン3

食感というか口溶け感が絶妙で最高。
メレンゲとカステラの間の様な食感だ。
シュワっと溶けそうで溶けないギリギリ。
蒸しパンとかスフレとか例え方はいろいろあるように思う。
ほんとに独特。
ふわっふわでプルプル。ちゃんと中心はカステラらしくシットリしてる。
和なのか洋風なのかも最早わからない。
味は卵の風味が豊潤。甘さ控えめで軽いから、何個でも食べられそう。

いやー美味しかった。
帰省のお土産なんかにも凄くいいから、今度買って帰ろうかな。

お店詳細