高円寺カフェ「momomo」ストーリーも一緒に頂く焼菓子とコーヒー

cafe&bakemomomo・スコーン 高円寺外食

CAFE & BAKE momomoは、 焼菓子とコーヒー、果実酢の喫茶店だ。
名物は夕焼けスコーンとバナナケーキ。それ以外の焼菓子は日替わりで提供される。

お店は女性店主のyuriさんが、一人で切り盛りされている。

お店に入るなりショーケースに並んだ5つの焼き菓子を見ると、
心が鳴りっぱなしになり、どれにしようか毎回すごく迷ってしまう。

お菓子のビジュアルが美味しそうなのは勿論なんだけど、
yuriさんが発信するSNSを通して、焼き菓子ひとつひとつが生まれたストーリーを事前に知っているから、どれも愛おしくより輝いて美味しそうに映るのだ。

そんな今回はmomomoの代表作でもある「夕焼けスコーン」と「完熟バナナとアーモンドケーキ」、ホットコーヒー(深呼吸)を実食・レビューする。

高円寺カフェ「momomo」外観

CAFE & BAKE momomo外観

パル商店街からエトアール通り入って、30秒ほど歩いた左手にお店はある。
入り口はひっそりしていて、細い階段を上がった2階にお店はある。

CAFE & BAKE momomo店前イーゼル

店前にはその日の焼き菓子ラインナップが書かれたイーゼルが。
お店に入らなくても、通りの前を通る度イーゼルを見ては美味しそうだなぁとニヤニヤしてしまう。

CAFE & BAKE momomo店前看板

お店は不定休なので、営業日はインスタで確認が必要。
テイクアウトも可能。

CAFE & BAKE momomo階段

細い階段を上がった2階にお店はある。
片面緑の壁がなんともお洒落

CAFE & BAKE momomo看板

店名の「momomo」は「〇〇も」という&的な意味が込められている。

高円寺カフェ「momomo」店内

CAFE & BAKE momomo内観

お店はナチュラルでお洒落な空間。天井からはドライフラワーがたくさん吊るされている。

CAFE & BAKE momomo内観2

店内は広め。ドライフラワーやレースをあしらわれた店内が何ともお洒落。
こちら側はカウンターとテーブル席。

CAFE & BAKE momomo内観3

反対側には畳のスペースもある。
靴を脱いでゆっくりしたい時、高円寺で遊び疲れた時、
お子様連れなどはこの席がぴったり。

CAFE & BAKE momomo内観4

お洒落な小物がたくさん並ぶ。統一感があってとても素敵。

CAFE & BAKE momomoショーケース

お店に入ると、席に着く前にオーダーする。

ショーケースに入った5つの焼き菓子が本当に美しい。

yuriさんはSNSで焼き菓子が生まれるストーリーをよく語ってくれている。
なので、これらの焼き菓子たちを見ると、余計に愛おしく感じる。

なので、いつもどれにしようか迷ってしまう。
決めた後も「これで本当に良かったのか?」と自問自答してしまうほど。

お店の名物はなんといっても「夕焼けスコーン」。
ドリンクは「自家製の果実酢シロップ」と阿佐ヶ谷Bnei Coffeeさんによるオリジナルブレンド「深呼吸」「芽吹き」がおススメ。

CAFE & BAKE momomoドリンク

お水はセルフサービス。
しかしyuriさん、こんな広い店内一人で回すの大変だな。。

CAFE & BAKE momomo夕焼けスコーン

名物の「夕焼けスコーン」。
いやーしかしこの形、ほんと独特。造形美だな。
何重にもパイの様に層になったものを折りたたんで作られている。

はじめてスコーンを注文された方が「わあ!夕焼け色!」と言ったことから「夕焼けスコーン」という名前がついたそう。

CAFE & BAKE momomo果実酢

果実酢のシロップ。季節限定でその時期に美味しい果物を使って、
シロップを作られる。ソーダ割りで飲むと格別。

CAFE & BAKE momomoドリップケトル

阿佐ヶ谷のBneiCoffeeさんより借り受けたという、
新潟にある富貴堂さんとBnei Coffeeさんが共同製作した銅製ドリップポットの第一弾モデル。
momomoを2019年3月にご飯屋さんから焼き菓子屋さんにリニューアルされた時、コーヒーもプレスからハンドドリップ抽出に変えられて、その際にBneiさんより借り受けたという。

ちなみにmomomoで頂けるBneiさんのオリジナルブレンドコーヒーは2種類。「深呼吸」は甘み、まろやかさがあって「芽吹き」はすっきりクリアな味わい。
ネーミングが何とも良いブレンド。


Bnei Coffeeの記事↓

焼き菓子とコーヒー 実食・レビュー

CAFE & BAKE momomoスコーン・完熟バナナとアーモンドケーキ

今回は「夕焼けスコーン(320円)」と「完熟バナナとアーモンドケーキ(380円)」、ホットコーヒー芽吹き(550円)を注文。

CAFE & BAKE momomo夕焼けスコーン2

スコーンは手づかみで頂く。
少し温めてから提供される。

さっそく頂くと、外側カリカリ、サクサク、中はじゅわっともっちり。
バターの甘い香りが芳醇。
一つのスコーンで色んな食感が楽しめる。
食べ進めていくと、層がほどけていくような感覚があって面白い。

ここのスコーンを食べると「あれ、スコーンってなんだったっけ?」て毎回思うんだよな。
それくらいこのスコーンは独特で、クッキーの様なパイの様なケーキの様な感じがあって、凄くユニークで独創性がある仕上がりになっている。
めちゃくちゃ美味い。


完熟バナナとアーモンドケーキ は、食感すごくしっとりで、ボリューム感がある仕上がり。こちらは木のフォークで頂く。
バナナ特有のじゅんわりした甘さと、アーモンドの香りと香ばしさが融合された風味がなんともいえない。
お互いの素材の良いところが存分に引き出されてる。
生地は所々わざとほどよいゆるさがあって、バナナ特有の少しフニュっとした柔らかい所があったり、しっかりめの生地があったりで、食感において飽きない楽しさがある。

で、合間にコーヒーを頂く。
コーヒーは阿佐ヶ谷Bnei Coffeeさんによるオリジナルブレンドの深呼吸。

一口いただくと、なんともクリア!
喉にひっかからずスルッと喉奥に入っていく。
で、じんわりと苦くて甘い。
まるで水を飲んでるかの様なコーヒー。
少し薄いかな?と感じるんだけど、一杯飲みきるとジワっと「美味しかったなぁ」と満足するコーヒーだ。

Bneiさん焙煎の中深煎りが美味しいのは勿論なんだろうけど、淹れ方に相当試行錯誤されていることがわかる。
というか、同じ豆でここまで味変わる?ってくらい一年前と全然味が違う。
ドリップ抽出の進化に驚きだ。

ほんと凄く特徴のあるコーヒーだ。
コーヒー屋さんでは飲めない、焼き菓子屋さんだからこそできるコーヒーの表現だな。

いやー、今回もめちゃくちゃ美味しかった。

お店に伺う度、店主のyuriさんはいつも柔和な笑顔で暖かく迎え入れてくれる。
一方その裏で、お店が終わった夜中に、孤独と向き合って
せっせせっせと一生懸命焼き菓子を焼いていることもSNSを通じて知っている。

物凄く努力家な方だ。

その結果、提供される焼き菓子やコーヒーのクオリティがお店に伺うたびに驚くほど進化している。

ほんとにここ一年、どんどんケーキやコーヒーが美味しくなるので、食べた瞬間は年甲斐もなくyuriさんとハイタッチしたくなる感覚だ。

今回もお菓子とコーヒーのクオリティ半端なかったなぁ。。

さすがの一言。

お店詳細

↓※お店は不定休です。下記はマップなどを参考に頂き、
営業日などの詳しくはお店の公式インスタをご覧ください。