インタビュー連載企画「食to人」 vol.3 白石義清(Sound Studio DOM・代表)前編

白石義清(Sound Studio DOM・代表) 【インタビュー・対談】

こんにちは、シゲタ ツヨシです。

シゲグルメディア連載企画「食to人(しょくとひと)」。
今回はvol.3です。

「食to人」は、「食」と「人」にスポットを当て、ゲストにインタビューしてゆきます。

食を通して人を知る。

食を切り口に親しみやすく、相手を理解してゆく事がテーマです。

タイトルの「食to人」は、「食と人」「食から人へ」や「食通(人)」などが掛かっています。

今回第三回目のゲストは、高円寺の音楽スタジオSound Studio DOMの代表をされている、白石義清さんです。

白石さんといえば、通称ドムスタで働かれて22年目になり、「店がお客さんを選ばない」をポリシーに、色んな人達を受け入れ続け、高円寺の人間性の絶対値を広げてこられました。

スタジオ運営だけに留まらず、高円寺夜の音楽マップ「World’s End Garden」を作成され、それを元にした音楽イベント「ミュージックウィーク」を主催されています。

2020年6月には24店舗を集めたクラウドファンディング「To be continued…KOENJI」を主催され、目標金額を達成されました。

そんな白石さんに、今回は様々なことをインタビューさせて頂きました。

今回も前編と後編にわけて、前編では主に「クラウドファンディングやミュージックマップ」のこと、後編では「食のインタビュー」をしてゆきたいと思います。

それでは、前編をお楽しみください。

インタビュー(前編)

高円寺にヒーローが現れた!

シゲタ ツヨシ
本日はインタビュー受けて頂き、ありがとうございます。
よろしくお願いいたします。
白石 義清
ありがとうございます、よろしくお願いします。
シゲタ ツヨシ
私がヨシキヨさんを知ったのは、2020年6月に行われた「To be continued…KOENJI」のクラウドファンディングです。
白石 義清
そうですよね、あの時ですよね。
シゲタ ツヨシ
お店が大変な時に高円寺の24店舗という大きな規模でまとめて、ヨシキヨさんがクラファンを先導される感じは、高円寺にヒーローが現れた!と思いました。
白石 義清
えー、本当ですか!
シゲタ ツヨシ
それまで私のドムスタのイメージは、アンダーグラウンドで暗くて近寄りがたい感じだったんですが、クラファンの紹介動画でヨシキヨさんが真摯に丁寧に説明されている姿を見て、印象がガラッと変わりました。
白石 義清
うわー!すげぇ嬉しいです。
頑張って文章書いたかいがありましたw
シゲタ ツヨシ
他のクラファンとは毛色が違う、ドクドクした血が流れる様な内容でかつ誠実で、すごく一致団結している姿勢が伝わってきました。
私も深く賛同して、クラファンでは微力ながら支援させて頂きました。
白石 義清
本当にありがとうございます。

クラウドファンディングを振り返る

シゲタ ツヨシ
改めて今、クラウドファンディングを終えられて、いかがですか?
白石 義清
クラファンするのが初めてだし、よくわからないことだらけだったんですけど、クラファンは大きくわけて3つフェーズがあって、1個目は「クラファンの準備期間」、2個目は「実施期間」3個目は「リターン配布期間」です。
今はようやく3個目のフェーズにきたという感じですね。
シゲタ ツヨシ
そうですよね。
私もこの後リターン品をドムスタで受け取る予定です。
特にその、1,2個目のフェーズを振り返ってみられてどうですか?
白石 義清
特に準備期間の最初なんて案が全然固まってないから、お店に話をしに行っても当然伝わらない、誰もわからない。
まったくの手探り状態でした。
そこからたくさんの人の意見やアドバイスを頂きながら、何とかギリギリ形になったという感じですよね。
シゲタ ツヨシ
次から次へと協力者が現れていましたよね。
しかもプロの方が多く。
それだけヨシキヨさんの強い思いが大きな渦になって、高円寺を守りたい人達をぐわーっと巻き込んでいく感じが、見ていて凄く伝わってくるものでした。

ミュージックマップと、グルメレビューサイトの類似性

シゲタ ツヨシ
直接ヨシキヨさんとはじめてお会いしたのは、ある日パル商店街を歩いてたらフラっとドムスタに行ってみたんです。
そしたらヨシキヨさんがいらっしゃって。
「おー!クラファンのリーダーだ!すげー!」って思いましたw
その時初対面ながら雑談をさせて頂いていたら、なぜか波長が凄くあって、かなり深いところまでお話させて頂いて。
白石 義清
そうでしたよね、あの時すごい話しましたよね。
シゲタ ツヨシ
私のグルメレビュー活動にも興味を示して頂いて。
そしたらそのまさにその日!
クラファンの目標金額500万円を達成されたんです。
え、すごい日に来ちゃったなぁと思いました。
白石 義清
あ、そんな記念すべき日でしたか!
クラファン終わる結構ぎりぎりの6月下旬くらいですね。
シゲタ ツヨシ
その時、クラファンの会議室も見せて頂いたりして。
壁に進行表がダーッと貼りだされていて、「うわー、こんな感じでやってるんだー!」って思いました。
白石 義清
そうでしたね、終盤はもう現場はすごかったですから。
シゲタ ツヨシ
その後、ヨシキヨさんが活動されている「World’s End Garden」のミュージックマップを説明頂きました。
それが、私の普段やっているグルメレビュー活動と似たことをされていると感じて凄く驚いたんです。
紙面:World’s End Garden・ミュージックマップ(表)
紙面:World’s End Garden・ミュージックマップ(裏)
白石 義清
そうですよね。
お店に足を運んで、お店を取材して媒体に掲載させてもらう点において、凄く似てますよね。
シゲタ ツヨシ
はい、私がやっているグルメ紹介は主にお昼が主で、ヨシキヨさんのミュージックマップは夜が主体。
ミュージックマップは、バーなども網羅されているので、私とヨシキヨさんの活動をドッキングさせれば、昼と夜の高円寺がネット上で再現できる!と思ったんですよね。
白石 義清
その時からそう仰ってましたもんね。
シゲタ ツヨシ
そこで先日、ヨシキヨさんにお会いした時に「パートナーサイト」という感じでサイトを相互リンクさせませんか?とお話したら2つ返事でオッケーを頂いて、とても嬉しかったです。
白石 義清
いやー、もうそれはそれは。
言われたら、断りませんよ。
そうなったら、凄く良いなぁと思ってました。

ヨシキヨさんが高円寺を去ることに

シゲタ ツヨシ
しかしヨシキヨさんからその後、衝撃的なことを伺うことになり。
ヨシキヨさんが近く、家庭の事情で高円寺を離れて山口に帰らなくてはいけないという話を伺って。
それはそれはショックでした。
世の中が大変な状況の中で皆を先導したリーダーが、これから!という時に高円寺を去ることになってしまったのは衝撃でした。
白石 義清
いやー、もう本当に。
これは無責任なことだと思ってます。
本当に皆に申しわけないと思っていますね。
シゲタ ツヨシ
ヨシキヨさんが高円寺からいなくなる寂しさと、ドムスタどうなるの?WORLD’S END GARDENは?と。。
白石 義清
そうですよねー。
はじめそのことが決まった時に、スタジオとWORLD’S END GARDENどうしようとなって。
でもやっぱりスタジオは残したいと思い、私が引き続き代表をして、山口県から指示しながらスタッフに対応してもらうことに決めました。
で、問題はWORLD’S END GARDENなんですよね、、。
この活動を止めるのが本当に嫌で。

WORLD’S END GARDENの活動について

シゲタ ツヨシ
やはり、WORLD’S END GARDENのミュージックマップもドムスタと同じくらい愛情があるんですよね。
白石 義清
はい、めちゃくちゃありますね。
高円寺に遊びに来た人が、つまらないと思って帰られるのが嫌なんです。
特に海外から来られた人が、何していいかわからない、パル商店街から新高円寺まで一通り歩いて、「何もなかったね」なんて思われて帰っていかれるのが嫌で。
シゲタ ツヨシ
だからミュージックマップも海外の方を意識されたつくりになっていますもんね。
それは「海外の方」っていうのが特に大きいんですか?
白石 義清
そうなんですよ。
昔からなんですけど、海外の方がパル商店街をウロウロしてると、なんか気になるんです。
この人はあそこ行ったら面白いんじゃないかな、あの人はあそこだなとか勝手に考えちゃうんです。
根本にそういう気持ちがあるから、自分が高円寺を離れないといけなくなっちゃった時に、WORLD’S END GARDENの事がとてもひっかかったんですよ。
シゲタ ツヨシ
そうなんですね。。
ドムスタって海外の方も積極的にスタッフ雇用されたりしているじゃないですか。
そこにはどういうお気持ちがあるんですか?
白石 義清
私は海外に対するリスペクトが凄くあるんだと思います。
色んな背景や歴史を持っている方が、日本に来た時に「やべぇ!すげぇ!」とか思ってくれたらいいなぁとは思いますね。
逆に「つまんねぇなあ。」と思われるがの凄い嫌なんですよね。
シゲタ ツヨシ
具体的にどこの国へのリスペクトとかあるんですか?
白石 義清
国はそれぞれありますよね。
例えばチベットの方の偉いお坊さんとか「まじ次元違うなぁ、やべぇ!」とか思いますよね。
同じ人間に思えねぇ!みたいなw
シゲタ ツヨシ
www

人を楽しい場所に連れていきたい

シゲタ ツヨシ
ヨシキヨさん的に、「音楽性」というのはスタジオ運営とは別に考えられているんですか?
例えばあのバンドが好きだからイギリス人へのリスペクトがあるなどです。
スタジオ運営することと、自身が音楽好きという点はまた別なんですか?
白石 義清
あー、鋭い質問ですね。
これは最近色々考えたんですよ。。
私なんかよりよっぽど、お客さんだったりスタッフの方が音楽好きなんですよね。
めちゃくちゃ詳しいし。
でも自分も音楽好きだし、好きなんだけどその人達よりは好きじゃないなぁとは思ってたんですよ。
じゃあ何で、自分は音楽スタジオをやってるんだろう、何でこんなに長く同じ仕事を続けられてるんだろうって思ったんです。
シゲタ ツヨシ
なるほどですね。
白石 義清
私は過去に彫刻やったりお寺巡りとかやったんですけど、本当に飽きっぽい性格で続かないんです。
でも何でスタジオだけはこんなに長く続けられるんだろうって思った時に、音楽以上に「人を楽しい場所に連れていきたい」っていうのが根底にあるんだなぁってわかったんですよね。
シゲタ ツヨシ
人との繋がりという所なんですね。
中でもドムスタはパンクスが多かったり、色んな方が出入りされるじゃないですか。
ヨシキヨさんは「高円寺の人間性の絶対値を広げる」とよく言われますが、そういう方と関わるのは刺激があって楽しい感じですか?
白石 義清
んー、私も変な人間なんでw
訳わかんない人の方が平気で受け入れてくれるから、楽だなぁというのはありますよ。
お互い変なもの同士ですねw
シゲタ ツヨシ
なるほどw
波長合うなぁという感じですか。
私もドムスタ最近来させて頂いて、居心地良いですねw
白石 義清
はははw

「WORLD’S END GARDENやらない?」

シゲタ ツヨシ
先日、ヨシキヨさんからふと私に「高円寺離れちゃうから、WORLD’S END GARDENやらない?」って言ってくださったじゃないですか。
私もその場で直ぐに返答できなかったんですが。
あの時なぜまず私に声を掛けてくれたんですか?
白石 義清
この活動やるってなったらまず、まっさきにお金のことを考える人は無理だなぁと思ったんですよ。
「WORLD’S END GARDEN」の音楽イベント「ミュージックウィーク」をやってて思うんですけど、お金のことを考えて動く人と、そうじゃない人がいるんですよね。
シゲタさんのされてるグルメの活動も一緒で、誰から給料もらえるとかないじゃないですか。
好きだからやってるんですよね。
シゲタ ツヨシ
そうですね、勝手にやってます。
白石 義清
そういう気持ちだと長く続くだろうし、勿論ずっと無給でやってくれとかでではなくて、もっと根本的な所で共鳴してくれる人じゃないとできないなぁと思ったんですよね。
あとは、、うまく説明できないんですけど、直観です。
シゲタ ツヨシ
えー!私はヨシキヨさんの直感に物凄くリスペクトがあるので、凄く嬉しいです!
白石 義清
あ、本当ですかw

「はい、やります。」

シゲタ ツヨシ
なので、先日頂いたWORLD’S END GARDENのお話ですが、やらせて頂きたいなぁと思っていて。
白石 義清
お!!ほんとですか!
シゲタ ツヨシ
できる範囲で、させて頂きたいなぁと。
ミュージックイベントの「ミュージックウィーク」はまだ私も見えてない所があるんですけど、「WORLD’S END GARDEN」のマップ作成の所は私が取り合えず守ろうかなぁと思っています。
白石 義清
それはめちゃくちゃ嬉しいですね!
シゲタ ツヨシ
というか、私が普段やってる「シゲグルメディア」のグルメレポート活動とそんなに変わらないんですよね。
お店に行って、掲載交渉して掲載という点においては。
白石 義清
そうですよね。
よく人から言われるんですけど「一個一個マップにして大変だねぇ」と。
いやいや、スタジオから歩いて5分くらいのお店だよ?と思うんです。
シゲタ ツヨシ
はは!w
でも新しいお店に入る時って、まじ勇気いりますよね。
白石 義清
いる!それはいります。
シゲタ ツヨシ
それが意外と皆できないことだったりしますよね。
一度お店に入ってしまえばなんてことないんですけどね。
白石 義清
少し話変わりますけど、私も一回シゲタさんと一緒で、高円寺の全部のお店で飯食ってみようと思ったことあるんですよ。
シゲタ ツヨシ
あ、ほんとですか!?
白石 義清
パル商店街を順々に下って行って、和食屋「風土」あたりで止まりましたねw
シゲタ ツヨシ
めっちゃすぐ終わってるじゃないですか!w
白石 義清
だから飽きっぽいんですよw
シゲタ ツヨシ
「WORLD’S END GARDEN」のお話を頂いたのがつい先日じゃないですか。
今日せっかくこのインタビューの場を設けさせて頂いたので、今日までに私の方で「WORLD’S END GARDEN」の気持ちは固めておこうと思ってたんです。
いろいろ考えた結果、させて頂きたいと思っています。
白石 義清
えーほんとありがとうございます!
これからいろいろ調整していきましょう!
シゲタ ツヨシ
実は私も学校卒業してから3年ほどバンドやってたので、ここでまた音楽に関われるようになったのは嬉しいことでもあるんですよね。
白石 義清
高円寺恐ろしいっすよね。
足洗ったと思ったら、また引き戻されるというw
それだけ音楽が身近なんでしょうね。
シゲタ ツヨシ
そうですよね。
またバンド組みたいと思ってるくらいなので。ハードコアの。
白石 義清
やばいなぁ!まじですか。
シゲタ ツヨシ
なのでとりあえず、「WORLD’S END GARDEN」の灯は消さないでおきましょう。
白石 義清
本当にもったいないと思っていたんです。
これから色んなこと考えていきましょう。
シゲタ ツヨシ
はい、頑張ります!
クラファン支援のリターン品でもらう、周遊パスポートを使って、お店に挨拶周りもできるし、丁度良いタイミングかなぁとも思うんですよね。
白石 義清
あー、丁度いいですね、そうしましょう。
シゲタ ツヨシ
あと「WORLD’S END GARDEN」と「シゲグルメディア」の掛け合わせができる可能性も感じていて。
相乗効果で面白いことができたらいいなぁと思ってます。
白石 義清
そういう所でいうと、ミュージックマップにも載ってる「LIGHT」ってバーがあるんですけど、そこのハンバーガーめちゃくちゃ大きくて凄く食べ応えあるみたいですよ。
バーテンダーの腕前も凄いみたいです。
シゲタ ツヨシ
いいですね! そういう所も繋げていきたいです。
白石 義清
改めて高円寺って、飲食店でもちょっとスペースあったら音楽が産まれる街なので、ほんとすごいなぁと思います。
お店や街が面白いって思ってもらって、人にあそこ面白いから一緒に行こうぜ!ってなってもらったら最高だと思うんですよね。
シゲタ ツヨシ
本当ですよね、そういう仕掛けを沢山作っていきたいですね。

.
.
.
.
.

続きのインタビューは、後編に続きます。

後編では「食に関して」インタビューしてゆきます。

後編はこちら↓

※インタビュー・構成・ライティング・写真撮影(プロフィール写真除く) / シゲタ ツヨシ

プロフィール

白石義清 Sound Studio DOM代表

白石義清 Sound Studio DOM代表

1997年Sound Studio DOMに入社。
2005年2代目オーナーに就任。

ドムスタジオから、グラインドコアやハードコアパンクなどのラウドシーンで、海外へ出ていったバンドは数知れず。
高円寺夜の音楽マップ「World’s End Garden」を作成し、マップを元にした音楽イベント「ミュージックウィーク」を主催。
2020年6月には高円寺の24店舗を集めたクラウドファンディング「To be continued…KOENJI」を主催し、目標金額を達成。