千葉・船橋コーヒー豆「喫茶いずみ」驚きや発見があり、イメージ膨らむコーヒー

喫茶いずみ・コーヒー豆 コーヒー豆

千葉・船橋「喫茶いずみ」は、自家焙煎・ネルドリップのコーヒーが頂けるお店。

店主の伊藤さんは、東京・銀座のコーヒー名店「カフェ・ド・ランブル」リスペクトで、豆の素材感を大事にしたコーヒーを提供される。
同じくランブルをリスペクトされている岩手・盛岡の珈琲店「機屋」からも多大な影響を受けており(年に数度コーヒー合宿に行かれるほど)コーヒー道を日々邁進されている。

店主の伊藤さんは、自他共に認めるコーヒーマニア。

そんな伊藤さんが淹れるコーヒーは、とにかく幅が広くて、奥深い。
さまざまな角度からアプローチされるコーヒーは、原石を磨いて美しいダイヤを取り出す作業の様だ。

本当は、伊藤さんが淹れてくださるコーヒーやお店を紹介したかったのだけど、
しばらく訪問が叶いそうにないので、今回はコーヒー豆を通販で購入した。

千葉・船橋コーヒー豆「喫茶いずみ」購入品

千葉・船橋コーヒー豆「喫茶いずみ」購入品

喫茶いずみは、ネット販売をしていないので、電話注文で購入する。

電話越しで、ひさびさに伊藤さんとの会話。
温かい伊藤さんの声。
近況の報告や、盛り上がるコーヒー話。

伊藤さんに「お任せするのでお薦めの豆をください」と伝えると、
丁度、エチオピアとブラジルで良いのがあるとのことで、そちらを注文。
あと私は、喫茶いずみのネルフィルターを使用してコーヒー抽出するので、替えフィルターも注文。

電話を切ると、翌日に発送して下さって、2日後にはコーヒーが届いた。

届いたのは、「エチオピア・ブルーナイル」「コロンビアEX・手網焙煎」「ブラジル・フルッタメルカドン」。
ネルフィルター、あと直筆の熱い手紙と、焙煎に関する内容、ネル交換の際の手順書など。

本当に宝箱を開けたみたい。
全てが宝石で、最高にエンターテイメント。
大好きな伊藤さんの筆文字が読みながら、届いたコーヒーの味をイメージする。


支払いは、品物が届いた後に指定の銀行口座に振り込みをする。

千葉・船橋コーヒー豆「喫茶いずみ」ネルフィルター

こちらネルフィルター2枚購入。
私は色んなネルを10種類くらい試したけど、最終的にこのフィルターがしっくりときた。
少しぶ厚めの綾織りで、深さが浅いのが特徴。
点滴抽出で、円を描くようにゆっくり淹れるのにぴったりなんだよなぁ。

伊藤さんが、ネルの付け方の紙を同封して下さったので、頑張って自分で刺繍してみようと思う。
頑張るぞ!

千葉・船橋コーヒー豆「喫茶いずみ」豆・エチオピア・ブルーナイル

まずこちら「エチオピア・ブルーナイル」。
ほー、良い感じの中深煎りだ!
やけにセンターカットがくっきりとしているなぁ。

伊藤さんがどんな焼き方をされているのか、素人の私にはさっぱりわからないw

千葉・船橋コーヒー豆「喫茶いずみ」豆・ブラジル・フルッタメルカドン

こちら「ブラジル・フルッタメルカドン」。
良い感じの中深煎り。
わー、香りが強めでフルーティー!

千葉・船橋コーヒー豆「喫茶いずみ」豆・コロンビアEX・手網焙煎

「コロンビアEX・手網焙煎」。
伊藤さんは手網でも焙煎をされる。
こちら、少し他より浅め。中煎りめの深煎りという感じか。
良い感じの酸味が味わえそうだ。
楽しみ!

コーヒー抽出

千葉・船橋コーヒー豆「喫茶いずみ」温度は83℃

さっそくコーヒーを淹れていく。
湯温は83℃くらい。

千葉・船橋コーヒー豆「喫茶いずみ」ネル抽出

手挽きミルでザラメくらいの粗めに挽いて、微粉は敢えてコクを出すために残して淹れる。
20gで100ccを4分くらいかけて抽出。

コーヒー実飲

千葉・船橋コーヒー豆「喫茶いずみ」エチオピア・ブルーナイル

まずは「エチオピア・ブルーナイル」。

さっそく頂くと、うおー!優しく、雄大な青!
ブルーナイルという名前がほんとにぴったりだなぁ。。
きれいな澄んだ海が浮かぶ。
酸味が強めかと思ってたけど全然強くなくて、少しの酸味が風味をぱぁーっと開かせる。
鮮やかなミントや、紫蘇の様な爽やかな香りがするなぁ。
めちゃくちゃ美味しい!

千葉・船橋コーヒー豆「喫茶いずみ」ブラジル・フルッタメルカドン

次は「ブラジル・フルッタメルカドン」

おわー、フルーティ!
少し青さのあるザクロの様な味わいかなぁ。
華やかで品があって、色でいうと紫、艶やかさもある。
ウイスキーみたいな芳醇さもある。
香りに酔っぱらう様な感覚。
酸味はあるけど、全く嫌らしくない。

エチオピアとはまた違って美味しい。。
酔っぱらいそうになるコーヒーって、ほんと大好きだ。

千葉・船橋コーヒー豆「喫茶いずみ」コロンビアEX・手網焙煎

「コロンビアEX・手網焙煎」

手挽きミルで挽く時点で、わくわくする浅煎りめ。
ガリガリひっかかるんだよなぁ。
香りが楽しみ!

さっそく頂くと、おー、ライムの様な風味!
でもそんなに酸味が強すぎなくて、まろやかでトロンとしたほどよい感じ。
香ばしさがあって、気品を感じるなぁ。
大人の甘酸っぱさって感じだ。


いやー、どれも美味しすぎた!
毎回、伊藤さんの表現力には脱帽だ。


この後、ペーパードリップでも数度淹れたのだけど、こちらも風味がよく感じられて凄く美味しかった。
伊藤さんのコーヒーは、淹れ方を選ばない。


美味しいコーヒーは普段飲めるけれど、
驚きや発見、イメージが膨らむコーヒーというのは、そう飲めるものじゃない。

それを感じさせるコーヒーは凄いことだ。

しかし、私より伊藤さんが淹れるコーヒーの方が、もちろんはるかに美味しい。
通販も良いけど、お店で早く飲みたいなぁ。。


うずうず。


ではまた明日。

カフェ・ド・ランブルの系譜・インスパイア店はこちら

その他、お薦めのコーヒー豆通販はこちら

お店詳細

お店の公式Twitter