銀座コーヒー「十一房珈琲店」カフェ・ド・ランブルの系譜!じんわりした旨味感じるオールドコーヒー

十一房珈琲店・オールドコーヒー 東京

銀座コーヒー「十一房珈琲店」は、自家焙煎、ネルドリップ、オールドコーヒーが頂けるお店。

お店の開店は1978年(当時はベシェ珈琲店という名前)と老舗のお店だ。
開店時のオーナーは、故・及川俊彦氏。
及川氏が同じ銀座の名店「カフェ・ド・ランブル」に通いつめ、当時ランブルで焙煎士をされていた山田幸男氏に焙煎を教えてもらい開店したお店。

いわゆる”ランブルの素材系”なので、やはりここで頂くのは素材を感じやすいストレートやオールドコーヒーが多い。

カフェ・ド・ランブルの記事↓

今回はオールドコーヒーを頂いたので、レビューする。

カフェ・ド・ランブルの系譜・インスパイア店はこちら

銀座コーヒー「十一房珈琲店」外観

銀座コーヒー「十一房珈琲店」外観

お店は有楽町駅から歩いて3分ほどのところにある。
いかにも銀座らしい繁華街のビル1階にある。

銀座コーヒー「十一房珈琲店」看板

お店前の看板。
1978年創業。
一番下には創業当時の店名「CAFE BECHET」が書かれている。

銀座コーヒー「十一房珈琲店」A看板

店前看板。
期間限定のコーヒー豆などが記載される。

銀座コーヒー「十一房珈琲店」店内

銀座コーヒー「十一房珈琲店」焙煎室

店内入って直ぐ右手には焙煎室が。

銀座コーヒー「十一房珈琲店」全面禁煙

店内は2020年1月より全面禁煙になった様子。

銀座コーヒー「十一房珈琲店」店内

店内は縦に長い。
大きなカウンターは10席ほど。
4人掛けの大きめテーブルが5席ほどある。

今日も満席!いつも人が多いイメージなんだよなぁ。

店内は明るく、落ち着ける珈琲店・喫茶店のような雰囲気。

銀座コーヒー「十一房珈琲店」カウンター

今回はカウンターに座る。
カウンター奥には様々なカップが並ぶ。

銀座コーヒー「十一房珈琲店」メニュー

銀座コーヒー「十一房珈琲店」メニュー・ブレンド、期間限定コーヒー

こちらはブレンドと、期間限定コーヒー。

銀座コーヒー「十一房珈琲店」メニュー・ストレート、ヴィンテージコーヒー

こちらはストレート。

今日のヴィンテージコーヒーは、コンゴ・キヴ・ピーベリー2008年物かー。
良いなぁ。

銀座コーヒー「十一房珈琲店」メニュー、バリエーションコーヒー

こちらはバリエーションコーヒー、ソフトドリンク。

銀座コーヒー「十一房珈琲店」メニュー、紅茶・デザート

こちらは紅茶、デザート系。

銀座コーヒー「十一房珈琲店」メニュー、期間限定コーヒー説明

期間限定コーヒーの、わかりやすい詳細説明。

そういえば前回来た時は、期間限定コーヒーの「ジャコウネココーヒー・ワイルドコピアルアク」を飲んだんだったなぁ。

以前、来た際の記事↓

View this post on Instagram

銀座の十一房珈琲店で コーヒー休憩。 ここは銀座にあるコーヒーの銘店 カフェ・ド・ランブルの流れを汲むお店。 自家焙煎、ネルドリップ。 一部オールドコーヒーも揃えている。 最近私が好きな、深煎りの中に酸味がある 珈琲が頂けそうだったので、楽しみに訪問。 店内は、昔ながらのコーヒー店という感じ。 大きなカウンターとテーブル5、6席。 今回はまず、スマトラをデミタスで注文。 18gで50ccの抽出。 カップはリチャード・ジノリ。渋い。 一口頂くと、 ほほー、風味がじとーっとしてる。 湿っぽく粘土が高い土っぽさを感じるなぁ。 苦味がまずきて、そのあとツィーとした ほど良い酸味がくる。 ボディはそこそこ、キレが良い。 湯温はけっこう低め。 この良い意味でパッとしない 雨模様のマンデリンは、 まるで土曜の朝起きたら 「あー雨かー、家でゆっくりするしか ないなぁ」みたいな気だるい風景が浮かぶ。 こういうマンデリンの表現をしてくるか。 なるほどー。 もう一杯! 次は、期間限定のインドネシア ワイルド・コピルアック・ガヨを注文。 1380円。 この高級コーヒーは、 コーヒーの実を食べるジャコウネコの フンから採取されるという幻のコーヒー。 名前に「ワイルド」とつくのは、 野生のネコなんだって。 そんな区分まであるのかw 一度この噂のコーヒーを飲んでみたいと 思ってたので、思わぬ所で念願叶った。 しかも今回の抽出は、 元珈琲トラムで働かれていたmayaさん。(@maya_coffee) おー、ワクワクする! 一口頂いてみると、 ほー、独特な香りの中に キリッとした酸味とふんわりした甘味。 苦味は、くぐもった感じだ。 ボディはそこそこ、強すぎない。 少し枯れた芝生の様な香りもするなぁ。 うーん、美味しい。 . . 十一房の何ともいえないアンニュイな 店内の雰囲気とコーヒーの味は、 ゆったりした気持ちにさせてくれて すごく居心地が良い。 ここが銀座だということを 忘れさせる力がある。 せわしなく働く人たちの 時間を引き伸ばしてくれる様な 不思議な空間だ。 . . あと個人的に、 mayaさんが珈琲店を 新しくオープンされることが 非常に楽しみ。 だって、トラム(大坊系)と 十一房(ランブル系)のハイブリッド。 何処にお店を出されるのか。 カップは何で提供されるのか。 酸味はどうされるのか。 考えただけでもワクワクするなぁ。 #シゲ珈琲 ←まとめてます #銀座 #十一房珈琲店 #コーヒー #ストレートコーヒー #ネルドリップ #マンデリン #スマトラ #ジャコウネコ #コピルアク #コピルアック #銀座グルメ #銀座カフェ #東京グルメ #東京カフェ #ドリップコーヒー #コーヒー好き #コーヒーのある暮らし #コーヒー好きな人と繋がりたい #カフェ巡り #カフェ #リチャードジノリ #ジノリ #カフェドランブル #珈琲トラム

A post shared by シゲタ ツヨシ (@tsuyoshi_shigeta) on

銀座コーヒー「十一房珈琲店」コーヒーチケット

お得なコーヒーチケットも販売されている。

銀座コーヒー「十一房珈琲店」コーヒー豆価格表

コーヒー豆はお持ち帰りも可能。

銀座コーヒー「十一房珈琲店」ギフトセット

コーヒー豆のギフトボックス対応もしていただける。

オールドコーヒーの実飲・レビュー

銀座コーヒー「十一房珈琲店」オールドコーヒー、デミタス

今回はヴィンテージ(オールド)コーヒー、コンゴ・キヴ・ピーベリー2008年物をデミタスで注文。1,100円。

デミタスカップは、リチャードジノリだ。

淹れた後に少し温めなおされていたので、湯温は高めだ。

早速一口頂くと、ほー、風味は杉の丸太の様な感じだ!
木材を切った香りがするなぁ。
しかしじんわりした旨みが強い。
ボディも強めだ。
オールドらしい、良い意味でのエグい苦味が忠実に出ている。
酸味はそこそこあって、それが苦味をより持ち上げている感じもあるな。

うーん、美味しかった。
”オールドを飲んでる”なーという、良い感覚があった。

さすがランブルの系譜店。
期間限定とヴィンテージコーヒーのメニューは、いつも見るのが楽しみなんだよなぁ。

カフェ・ド・ランブルの系譜・インスパイア店はこちら

お店詳細