杉並さいふなし旅 vol.2 〜究極のさいふなし旅?!「ご自由にお持ちください」〜

杉並さいふなし旅 ・杉並名物ご自由にお持ちください よしだあさみ

杉並区、特に高円寺の街や銭湯が大好きすぎて、好きな銭湯の近くに引っ越したデザイナーのよしだあさみです。

この企画ではそんな、よしだから見た「杉並のちょっと王道じゃない(?)魅力」をお伝えします。

お金や何かを多く持っていることに限らない「豊かな活動」という意図から、財布がなくても楽しめる=「杉並さいふなし旅」と名付けました。

今回は究極のさいふなし旅!

杉並でよくある「ご自由にお持ちください」のお話。

タダより高いものはない?
そんなことはありません。

無料と言っても幅広く、今回は下記の2本立てでご紹介します!

  1. ご自由にお持ち下さい
  2. 買ったら無料でついてくる


それではどうぞ!

杉並名物「ご自由にお持ち下さい」

杉並的SDGs?

街を歩いていると、おもむろに置かれた段ボール、マジックで書かれた「ご自由にお持ちください」の文字。

私は東京でいくつか他の街にも住んだことがあるが、この魅力的な段ボールがこんなにも自然に日常にあるのはこの杉並の街が初めてだ。

民家の前や個人経営のお店、オフィスの前など。入っているアイテムも実にバリエーションに富んでいる。

今回は私が高円寺に4年住んでいて見かけた、こんなものまで?という「ご自由に〜」をいくつか紹介する。
(※他人の土地へのゴミの不法投棄は違法行為ですので、不用品はあくまでもご自身のエリアのルールに従い正しく廃棄して下さいね!)




レアすぎ?ミロのビーナス

あれは確か木造マンションの建て替え前。
夜道を歩いていると怪しく光る白い影。


そこにはなんとミロのビーナスの頭部が!

しかもご丁寧に傷、汚れありの注意書きまで。
これはデッサン勉強中の方には嬉しいアイテムでは?

貰い手は見つかっただろうか。

芸術系のお宅だったのか、イーゼルも2脚あり私もひとついただいた。
イベント出展時などに活用している。



植物シリーズ

こちらはなんともほっこり、植物系。ルッコラの種やパクチーの種など珍しいものも。



馬橋通りで見つけたこちらの植木。

植木に挿された札に書いてあった「アフリカハマユウ」。調べたらこんな花が咲くようだ。




実際に拾った植物を育てて家の中にこんな素敵空間を作っている友人も!


誰かの手を離れ、新しい命が育つなんて神秘的じゃないか。




生活お役立ちシリーズ

食器や本棚、衣装ケースなど家具系のアイテムもよく見かける。

中でも私が一番ありがたかったのがこちら↓

なんと定価で11万円ほどする、●クヨのオフィスチェア!

これを見つけた時期はコロナ流行初期。
突如リモートワーク主流になり、腰痛に悩まされていた矢先だった。

腕置きの部分が破れているもののそんなのマスキングテープで補修すればまったく問題ない。

仕事の休憩中に発見し、結構な重さだったため持ち主に一度声かけして夕方に取りに行くと…!






ご丁寧に貼り紙と、取扱説明書まで添付されていた、、、!

一応お礼の品と手紙をポストに投函し、ありがたくいただいた。



別の日。
阿佐ヶ谷付近で「祖母の倉庫の整理をして収集がつかなくて……」と持ち主自ら、自宅前に壮大な「ご自由にお持ちください」を広げている現場に遭遇。

骨董市など大好きな私にとっては垂涎のレトロアイテムたちを発見。

レトロ柄の新品の布や、フォーク。

ヤギ?のようなスタンプに、一緒に入っていた封筒を添えて。

それにしてもこの封筒、一体なにに使おうと取っておいたのだろうかと想いを馳せる。



持ち帰り用に気を利かせて用意された紙袋のレトロ具合もまた、愛おしい。

さくらや36周年のデザインが秀逸な紙袋。



「ご自由に」と言われても、中古のものを使うのに抵抗があるなという方は、例えば食器類なら直接食事で使うのではなくピアスや鍵を置くインテリアとして楽しむのもおすすめだ。

お店の改装や、春の引越しシーズンは特に多く「ご自由にBOX」に遭遇するので、探しながら散歩してみると良い。

誰かのいらないものも、誰かの役に立つ。
この杉並の街は「ご自由にどうぞ」精神にあふれている。


買ったら無料でついてくる

これは有料サービス利用時の「オマケ的」な無料だ。

高円寺といえば、お酒一杯につき餃子一人前が無料になる「餃子処たちばな」の0円餃子が有名だが、私はもっともっと隠れた、知られざる無料を推したい。

ここから先で紹介するのは完全な無料ではないので「さいふなし旅」とは言えないが
「計画的さいふなし旅」と捉えてみてほしい。



高円寺なみのゆ

立派な煙突とこいのぼりがシンボルマークの、こちらの銭湯。
銭湯といえば15時頃から開くところが多いが、こちらでは日曜日は朝湯をやっているのをご存知だろうか?

朝湯(日曜AM8時〜12時の入浴を利用)時に、コーヒーがなんと無料でいただける!

お風呂上がりにちょうど良い量なので、お腹がタプタプになることもない。

しかも、無料と侮ることなかれ!
こちらのコーヒーは高円寺にある老舗コーヒー専門店、さわやこおふぃの豆を使って独自開発したオリジナルブレンド。

豆から挽き、なみのゆで使用している井戸水を使って淹れたなんとも贅沢な一杯。

高円寺で歴史ある「なみのゆ」と「さわやこおふぃ」。それぞれ先代同士のつながりがあり、朝湯を始めた20年以上前から続くサービスとのこと。

陽が差し込む朝の銭湯と、お風呂あがりに飲むコーヒーは格別だ。


※なみのゆの公式HPはこちら



上井草カリーナ

ところ変わってこちらは西武新宿線の上井草にあるサンドイッチ屋さん。
1986年創業の老舗店で、朝6時の開店から行列ができる人気店。



魅力的な商品がずらり。


購入したのはこちら。

左から、スペシャル(280円)、ハムカツ(190円)、フルーツ(240円)

スペシャルはタマゴサンドとポテトサラダの組み合わせ。
ハムカツは時間が経ってもカツがサックサク。
フルーツは昔懐かしい味わい。

・・・と、本家のサンドイッチがどれも絶品なのはもちろんのこと。
ここで注目したいのは無料のパン耳のほうだ。

店頭に置かれている無料のパン耳(なくなり次第終了)



余ったパン耳を少量もらえたり、安く販売しているパン屋さんはたまに見かけるが、
驚くべきはその量!

購入したサンドイッチ3種類が合計で
約375gだったのに対し、

無料のパン耳はびっしり詰まって
なんと約1kg!!

サンドイッチは税込130円〜あるので最安130円で1kgのパン耳が無料ということになる!



細長い耳だけでなく、食パンの端の部分も4枚ほど入っている。

主役のサンドイッチは1食で食べ切ったが、
無料のパン耳の方は数日間にわたって食べてもまだまだなくならない。なんとありがたい!

様々なアレンジをして楽しんだ。

  • チーズのせ
  • フレンチトースト
  • ガーリックラスク
  • ポテサラのせ
  • クラフトコーラシロップ漬けでデザート風etc…


上井草カリーナ、一度は訪れて「無料」とは思えないずっしりしたパン耳の重みを感じてみてほしい。

こんなにもお得や無料があふれる街、杉並。

誰かがさいふなしでいられる、またはさいふに優しい。
その根底にある共通点は、思いやり・おもてなしの精神だなぁとしみじみ感じる。

この街にはまだまだ私の知らない「さいふなし」情報があふれていることだろう。

※今回紹介したサービス内容や価格は変更になる場合がございます。
詳しくは各所最新の情報を参照してください。


次回も杉並にあふれる様々な無料をご紹介します。お楽しみに!



次回は、5月後半に更新予定です。

ライタープロフィール

よしだあさみ

よしだあさみ

高円寺在住のデザイナー
杉並の街の銭湯・サウナ・純喫茶・古いものをこよなく愛し、ぶらりと散歩、観察する。

幼い頃から工作(特に紙)が好きで、創意工夫によって生きる力を培う教育の大切さを広めたい人。
デザインした工作キットを使った、高円寺の街に関するワークショップの活動も行う。

いつか高円寺アパートメントの片隅なんかで、いつでも遊べる工作ビュッフェのような
しかけ絵本ワークショップができるカフェ空間を創りたいとひっそり夢見ている。

情報を編集し、わかりやすく視覚化して伝えるデザインにやりがいを感じる。

・note(もっと自己紹介)
https://note.com/asamix1231/n/n554252bdb3f0

・folio(お仕事一例)
https://www.foriio.com/asamix068

・Instagram(はこ作品)
https://www.instagram.com/tiny_tiny_box/