【高円寺の女王】ツブサのライター・のうじょうりえさんが、初の流通CDアルバムをリリース!

高円寺の女王・のうじょうりえ
【高円寺の女王】のうじょうりえ
ライター記事

編集長のシゲタです。


ツブサで毎月「高円寺の “ 庶民派 ” 女王・のうじょうコラム」を書いてくれている、路上シンガー・のうじょうりえさんが、この度2022年12月15日(木)に「高円寺の女王」という流通盤CDを発売されました。

ツブサのライターが、こうやって羽ばたいてくれるのが私の夢でもあるので、とても嬉しいです。

おめでとうございます!

高円寺の女王・店舗からの紹介、売り場(Twitter引用)

https://twitter.com/TOWER_Ikebukuro/status/1602910265976426502?s=20&t=DqeTRMQ3ENd_IIY5CcNB8w

高円寺の女王・販売店について

高円寺の女王・MV「君がいれば、」

アルバムの収録曲から「君がいれば、」のMVも公開。↓

傷付いたり傷付けてしまったり、もう嫌だなんて思いながらも、1人で生きる事を選ばなかったあなたへ

のうじょうさんと以前、ヴィレヴァン高円寺店に行った時の話

時はさかのぼりますが、私がのうじょうさんにコラムを書いて頂く、今から一年くらい前の話です。


当時、私はのうじょうさんの路上ライブを通して、顔見知りになったほどでした。

それから連日、素晴らしい路上ライブをしている姿勢に心を打たれ、何かのうじょうさんの力になれないか、路上ライブ終わりの高円寺・京樽前で話をしました。

すると、自主音源をヴィレッジヴァンガード高円寺店とかに置いてもらえたらなぁ、という話になり、さっそく翌日のお昼に二人で一緒にCDを持ってお店へ営業しに行きました。(私はマネージャの様な感じで)

責任者の方を通して頂き、CDを置いてもらえないか打診したところ「全国流通に乗っていないと難しいです。」との回答でした。

帰り道二人で、ヴィレヴァンで買ったドクターペッパーを飲みながら、パル商店街をとぼとぼ歩いたのを覚えています。


その時のうじょうさんが、自転車を押しながら「全国流通も考えてるんですよね。」とポロっと言いました。

ツブサでのうじょうさんにコラムを依頼した話

その後、ツブサをメディアとして大きくリニューアルするタイミングで、ライター候補として真っ先に浮かんだのが、のうじょうさんでした。

ふだん街(高円寺)で個性的に頑張っている人になんとかスポットを当てられないか、そういうテーマで考えたリニューアルだったからです。

お願いしたところ二つ返事でOKを頂き、そこからツブサが動きだしました。


それからはどんなに忙しい中でも、毎月優しさに溢れた素敵なコラムを寄稿してくれています。


それと同時に彼女のSNSからは、ライブハウスでの精力的なスケジュールや、それを盛り上げるファンの方達が増えていることに、彼女の力が徐々に蓄えられていることが伝わってきました。



そこからの全国流通です。



「高円寺の女王」というタイトルで。

高円寺の女王・高円寺びいき特典について

そしてCDは遂に、高円寺のヴィレッジヴァンガードでも置かれることになります。

売り場はまだ小さいけれど、実績がついていけばこれからドンドン大きくなっていく可能性があります。
ここからです。


皆で応援して、のうじょうさんの看板と売り場が大きくなるといいなぁと思います。


ヴィレッジヴァンガード高円寺店で購入すると、今なら先着30名ほどにフォトブックが付きます。↓

更に、12月中に購入して申請すれば、ストリートライブ音源までもらえます。

完全に、高円寺びいきです。


「高円寺の女王」の看板を背負って活動する、彼女の姿勢でしょう。

高円寺の女王・リリースツアーファイナル「高円寺にいても売れる」ワンマン・高円寺HIGH


そして現在、絶賛アルバムリリースツアー中なのうじょうさん。

アルバムツアーファイナルを4/28(金)高円寺で一番大きなライブハウス「高円寺HIGH」にてワンマンライブすることが決定しました。


タイトルは「高円寺にいても売れる」

一つずつ着実に歩を進め、正々堂々戦っている「高円寺の女王」のうじょうさん。

これからも更に大きく飛躍していってほしいと思います。



引き続きツブサは、のうじょうさんや他ライターさん含め、個性的で街を愛する人たちを応援してゆきます。




編集長・シゲタ