高円寺テイクアウト「Yonchome Cafe」ワンランク上の、お洒落なカフェご飯がお家で楽しめる幸せ

Yonchome Cafe テイクアウト 高円寺テイクアウト

高円寺「Yonchome Cafe」は、高円寺駅前にあるお洒落なカフェ・ダイニング・バー。

創業30年以上の老舗カフェで、東京におけるカフェ文化の先駆けともいえるお店だ。

店内はオーナーが海外から取り寄せた家具・インテリアで埋め尽くされており、とてもお洒落。
ドラマのロケ地としても頻繁に利用されるほど。
先日も、TBSドラマ「テセウスの船」で頻繁にお店が映っていた。

Yonchome Cafe・店内利用の過去記事↓

私の主観だが、以前のYonchome Cafeはどちらかというと、閉鎖された大人な空間のお店と認識していたけど、現在は明るく笑顔で接客されるスタッフさんも多く、以前とは異なった活気あるお店へと変貌している感じがある。

2020年4月より飲食スペースは全面禁煙になり、隅に喫煙ルームが作られた為、たばこの煙が嫌だった方も入りやすくなった。

この度新しい取り組みで、テイクアウト販売を始められたとのことで、楽しみに伺ってきた。

高円寺テイクアウト「Yonchome Cafe」外観

お店は、高円寺駅南口から歩いて1分ほどの所の2階にある。

表には、「TAKE OUT お持ち帰りメニュー始めました」の貼り紙が。

階段を上がって2階へ。

お店外観。
先日の「テセウスの船」でもここが映ってたなぁ。

高円寺テイクアウト「Yonchome Cafe」メニュー

店内に入り、店員さんにテイクアウト利用を伝える。

こちらがテイクアウトのメニュー表。

お店一番人気のタコライスと、揚げ物がラインナップされている。
店員さんに伺うと、今後も品数を順次増やされていくそう。

こちらは、新しくはじまったクリームソーダ。
ラインナップは4種類。

グラデのお洒落なやつだ!
590円かー、安いなぁ。
若い子たちに流行りそうだ。

なんと、こちらもお持ち帰り用のカップでテイクアウトが可能とのこと。
ほー、注文してみよう。


注文した後は、店内好きな席でゆったり待たせて頂く。
居心地良くて、落ち着く。

テイクアウト用に用意してもらいました。

テイクアウト用の透明カップに入れてもらって、クリームソーダが登場。

テイクアウト用でもお洒落、綺麗なグラデ!
更に店内の洒落たグラスで頂くと、もっとお洒落なんだろうなぁ。。


このまま家にお持ち帰り。

カフェご飯の実食

今回は、タコライス(1,080円)と、アンチョビポテト(590円)、クリームソーダ・サファイヤルビー(590円)をテイクアウト。

これらで、食卓がめちゃくちゃ華やかになる。
Yonchomeの世界観をしっかり家に持ってきたような感じだ。

ワンランク上のテイクアウト感だなぁ。

タコライスを早速頂くと、スパイシーで濃い味付けの挽き肉がとってもジューシー!
フレッシュなトマトとレタスに、程よいチーズ感が合わさってとても良い感じ。
ご飯がめちゃくちゃ進む。
店内で食べるより少し固めに配慮された半熟玉子は、味付け濃いめの挽き肉をマイルドにして、尚一層美味しい。

うーん、さすがお店一番人気。

そして、私が大好きなアンチョビポテト。

温かくてホクホクのポテトフライに、別容器に入ったアンチョビバターを乗せると、ジンワリと溶ろけだしていく。
アンチョビの塩みと香り、まったりバターにふっくらしたポテトの相性は最高!

これが家で食べられるなんてなぁ。。幸せすぎる。

食後には、クリームソーダを頂く。
サファイヤルビーは、ブルーハワイとザクロ味の組み合わせ。

まず、赤と青の配色が抜群にセンス良い。
メニューを見た瞬間に一発でこれに決めた。

味は爽やかさがあるブルーハワイと、少しチェリー感の様な甘めのザクロ。
バニラのアイスクリームがついてこれで590円はお得だなぁ。

店内で食べてもお洒落だし、スプーンもついているから歩きながらやお家でも食べられる。
今後暖かい季節に向けて、売れそうだなぁ。

いやー、全部凄く美味しかった!

Yonchomeの味が、お家で楽しめるのは熱いなぁ。
一気にお家が華やかになった。
暗い気分を照らす様な、パーティーの様な食事。
こういうテイクアウトの楽しみ方もあるのかぁ。

またメニューが追加されるとのことだったし、また伺おう。


ではまた明日。

その他、高円寺テイクアウト店はこちら

お店詳細

お店の公式インスタグラム