高円寺ミュージックバー「Throw Back」大きなプロジェクターでミュージックビデオを楽しめる迫力感!

Throw Back 高円寺外食

高円寺ミュージックバー「Throw Back」は、大画面プロジェクターで音楽を聴きながらお酒が楽しめるお店。

お店のコンセプトは「名曲・名著を掘り起こす」

音楽のジャンルはヒップホップ、ロック、J-POPがメイン。
ミュージックリクエストは無料で受け付けてくれる。

大きな本棚も完備されていて、そこには小説や漫画など幅広く揃える。

ソファ席が充実していて、ゆったり音楽や本を楽しむには最適な環境。

店内の形は仕切りがない四角い内装で、広々と見渡すことができて、一体感があるのが特徴。
不定期に音楽イベントなども行われるのだが、その際非常に盛り上がりやすい作りになっている。

今回はお店で食後に、カクテルを1杯だけ頂いてきた。

高円寺ミュージックバー「Throw Back」外観

高円寺ミュージックバー「Throw Back」建物外観

お店は高円寺駅南口から歩いて6分ほどの、エトアール通り商店街にある。

レンガ造り調の外観が目印。

高円寺ミュージックバー「Throw Back」外看板

「名曲&名著を掘り起こすがコンセプト」のお店。

高円寺ミュージックバー「Throw Back」地下へ

お店がある地下1階へ。

高円寺ミュージックバー「Throw Back」店舗外観

お店は階段降りて直ぐ右手。

ウッド扉と外壁が目印。

高円寺ミュージックバー「Throw Back」店内

高円寺ミュージックバー「Throw Back」店内

店内は仕切りがない、四角い箱型になっている。

手前にはバーカウンターがあって、店員さんが混じって数人で和気あいあいとトランプゲームをしていた。

店奥は壁際にソファ席がずらっと並び、壁には大型のプロジェクターからミュージックビデオが流れている

高円寺ミュージックバー「Throw Back」店内・カウンター

カウンターには、お店お薦めのウィスキーが豊富に並ぶ。

高円寺ミュージックバー「Throw Back」店内・本棚

店内の一角には、本棚が設置されている。
本のジャンルは小説家から漫画までさまざま。

高円寺ミュージックバー「Throw Back」スピーカーとPS4

大きなスピーカーの横にはPS4のコントローラー。
大画面でゲームもできるんだな。

高円寺ミュージックバー「Throw Back」メニュー

高円寺ミュージックバー「Throw Back」メニュー・ドリンク

こちらドリンクメニュー。

おすすめは種類豊富なウィスキー。
値段別に記載されているので、凄くわかりやすい。

高円寺ミュージックバー「Throw Back」メニュー・カクテル

カクテルなどの種類も豊富。

高円寺ミュージックバー「Throw Back」メニュー・フード

こちらフードメニュー。

お店のおすすめは、ホットサンド。

モスコミュールを頂く

高円寺ミュージックバー「Throw Back」お通し

お通しは、柿ピーなどのスナック。

お店のチャージは、500円。

高円寺ミュージックバー「Throw Back」モスコミュール

モスコミュールを注文。600円。

私はお酒が弱いので薄めで作って頂いた。
ウォッカ微量、ジンジャーエール多めで程よくライムが香り、美味しく頂いた。

お店では終始、大画面のプロジェクターでYOU TUBEのミュージックビデオが流れていた。
曲のリクエストを受け付けてくれて、無料なのがとても嬉しい。
その場にいるお客さんが、スタッフさんにその都度曲のリクエストをして盛り上がる。

スタッフさんはこの日3名居られたが、皆気さくで優しい方達

一人でカウンターに座ってお酒を楽しむもよし、
ソファ席でくつろぎながら、ミュージックビデオを観て友人と語らうもよし。

ドリンクもフードもお求めやすい価格なので、2、3軒目に非常に使いやすいお店だ。


それではまた明日。

お店詳細

・お店の詳細は公式インスタグラムでご確認ください。
・高円寺夜のミュージックマップ「WORLD’S END GARDEN」の掲載店です。