高円寺クレープ「ハニービークレープ」生地がパリっもちっ食感!?

HONEY BEE CREPE tokyo 高円寺外食

高円寺クレープ「HONEY BEE CREPE tokyo」は生地にすごく特徴があるクレープ屋さん。

「HONEY BEE CREPE tokyo」は愛媛県松山市の人気クレープ専門店「crepe cafe Coco」の東京支店にあたる。
愛媛の美味しいクレープを広める為、東京にもお店を出店されている。

ここのクレープの最大の特徴は何といっても生地。
蜂蜜入りの生地を、通常より長めの時間で焼くことで独特の層ができ、パリッもちっとした不思議な食感になる。

メディアにもたびたび取り上げられるので、休日になると長蛇の列ができることも。

今回は店員さんお薦め味のクレープを頂いてきた。

高円寺クレープ「HONEY BEE CREPE tokyo」外観

高円寺クレープ「ハニービークレープ」外観

お店は高円寺駅北口から歩いて8分ほどの庚申通り沿いにある。

店前を通る度に、甘くて香ばしい匂いがふわーんと香っていつも誘惑される。

外観はシックでお洒落なイメージ。

注文は外側カウンターから行う。

高円寺クレープ「ハニービークレープ」看板

注文を受けてから、5分ほど時間をかけてじっくり丁寧に焼き上げるスタイル。

生地にはハチミツが入っていて、不思議なパリっモチっ食感が楽しめる。

高円寺クレープ「ハニービークレープ」クレープメニュー

こちらはスイーツ系クレープ。

クレープ生地の食感をメインで楽しむなら、00番の「蜂蜜フレッシュレモンバター」がお薦め。

クレープ本場のフランスでは、生クリームやフルーツなどは入れずに、蜂蜜やアイスクリームなどシンプルに食べるのが一般的だそう。

店員さんのおススメだと、最近は「マスカルポーネ」を使ったものが人気なのだとか。
冷たいものだと07番の「蜂蜜ジェラートとマスカルポーネ」。
生クリームを味わいたければ04番の「蜂蜜生クリームとフレッシュレモン」に「マスカルポーネ」のトッピングがお薦めとのこと。

高円寺クレープ「ハニービークレープ」クレープメニュー2

こちらは引き続きスイーツ系と、おかず系。

おかず系も美味しそうだなぁ。。

高円寺クレープ「ハニービークレープ」クレープトッピングメニュー

トッピングも人気でオリジナルカスタマイズもできる。

高円寺クレープ「ハニービークレープ」ドリンクメニュー

ドリンクも揃える。単品で頼めるし、クレープとセットだと50円引きになる。

高円寺クレープ「ハニービークレープ」おすすめドリンク

キッズメニューやその他おすすめのドリンクなども。

高円寺クレープ「HONEY BEE CREPE tokyo」イートイン

高円寺クレープ「ハニービークレープ」イートイン

「特徴的なクレープ生地をできたてで味わってもらいたい」との思いから、店内にはイートインコーナーもある。

奥にはテーブル席もあるので、ドリンクセットで注文するのもおすすめ。

おすすめクレープの実食

高円寺クレープ「ハニービークレープ」蜂蜜生クリームとフレッシュレモン

今回は店員さんからお薦め頂いた、04番の「蜂蜜生クリームとフレッシュレモン」480円に、マスカルポーネ100円と、苺80円をトッピング。

早速頂くと、おー生地の外側はパリパリサクサク!
中心・持ち手にいくほどもっちりしてるなぁ!

ハチミツが練り込まれた生地はほんのり甘味があって、飽きずに最後まで美味しく食べられる。

クリームは甘さ控えめまったりした蜂蜜生クリームの中にスッキリしたレモンが香り、マスカルポーネは薄っすら酸味があって滑らかふわふわだ。

相性抜群だなぁ、めちゃくちゃ美味しかった。
なんといってもやはり生地が独特。

高円寺に来られた際は、ぜひ食べて頂きたいクレープだ。

お店詳細