高円寺テイクアウト「とこ井」ガシガシ食べる極太麺!出汁の旨味たっぷりな、肉汁つけうどん

とこ井・テイクアウト 高円寺テイクアウト

高円寺「とこ井」は、武蔵野うどんが食べられるお店。

武蔵野うどんとは、東京の多摩地区・埼玉西部発祥の郷土料理。
うどんのコシがかなり強く、讃岐うどんのように「ツルツルもちもち」ではなくて、「ワシワシごつごつ」した面が特徴。
つけ麺の形式で食すことが多い。

店内の様子は、過去記事があるのでそちらをご確認ください。↓

今回は、久々にワシワシごつごつと、コシのあるうどんを「ムシャムシャ食べたい」気持ちだったので、
肉汁つけうどん(極太麺)をテイクアウトしてきた。

高円寺テイクアウト「とこ井」外観

高円寺テイクアウト「とこ井」外観

お店は高円寺南口から歩いて7分ほどの、パル商店街と高南通りの間の路地にある。

「本手打ちうどん」の大きな木看板が掲げられている。

高円寺テイクアウト「とこ井」メニュー

こちらがメニュー。

一番人気は肉汁うどん。
あとは麺の「種類」と「盛り方」を選ぶことができる。

お店の一番のお薦めは「極太麺」「冷もり」。

私はその時の気分で決めることが多く、本来のうどんらしく食べる「細麺」「熱もり」も大好きだ。

高円寺テイクアウト「とこ井」写真メニュー

こちら写真付きメニューでわかりやすい。

炙り鴨汁つけうどんや、ひや肉うどんも美味しそうだなぁ。

高円寺テイクアウト「とこ井」夏限定メニュー

暑い季節には、冷しきつねもある。

高円寺テイクアウト「とこ井」テイクアウトメニュー

こちらテイクアウトメニュー。
種類が豊富。

麺は中盛りまで可能。

高円寺テイクアウト「とこ井」店内

高円寺テイクアウト「とこ井」麺の種類

こちら券売機横の、麺の説明。

店内で食べるときの麺量のバリエーションが凄い!

高円寺テイクアウト「とこ井」麺をお選びください

麺選択は「極太の冷」「細の熱」などで店員さんに伝えるとスムーズ。

高円寺テイクアウト「とこ井」綺麗な店内カウンター

テイクアウトでも券売機で食券を購入するシステム。
食券を渡すときに「極太で(テイクアウトは冷のみ)」と伝える。

店内カウンターで座って待たせて頂く。

店内は、8席のみのカウンター。
比較的綺麗な店内で、女性のお客さんも多い。

高円寺テイクアウト「とこ井」豚肉は国産銘柄豚

使用している豚肉は、国産の銘柄豚を使用している。

高円寺テイクアウト「とこ井」購入しました

先客が4名ほどいらっしゃったので、15分くらいで購入しました。

肉汁つけうどんを実食

高円寺テイクアウト「とこ井」肉汁つけうどん

今回は肉汁つけうどん(極太麺)を購入。830円。

高円寺テイクアウト「とこ井」肉汁つけうどん・アップ

麺の、この極太感!
食べ応えありそうだなぁ。

高円寺テイクアウト「とこ井」肉汁つけうどん・漬け汁

この濃い漬け出汁がたまらなく美味しいんだよなぁ。

テイクアウトで持ち帰っても、出汁は熱々だ。

高円寺テイクアウト「とこ井」肉汁つけうどん・実食

早速麺を頂くと、これこれ、この極太感!
ガシガシ、ワシワシ食べる豪快さ。
すするという感覚でなくて、食べるうどん。
手打ちで凄くコシが強くて、噛むともっちもっち。

そしてつけ汁。
魚介出汁と豚の出汁が旨味たっぷりに溶け込み、醤油のかえしが非常に濃厚。
甘辛くて、めちゃくちゃ美味しい!

とろり柔らかい豚肉。
じゅんわり染みた油揚げ。
中から甘いエキスがでてくる長ネギ。
もう最高。

麺を完食した後は、自分でお湯を沸かし、少し出汁を薄めて完飲。


いやー、美味しかった!

この肉汁うどん、たまに無性に食べたくなるんだよなぁ。
麺が選べる楽しみもあって非常に良い。

メニューにあった、炙り鴨汁つけうどんや、ひや肉うどんも美味しそうだったなぁ。

今度はそれも食べてみたいなぁ。


ではまた明日。

その他、高円寺テイクアウト店はこちら

お店詳細

お店の公式Twitter