江古田コーヒー「ぐすたふ珈琲」スナックの様な雰囲気で味わう、至福のデミタス

ぐすたふ珈琲 東京

江古田コーヒー「ぐすたふ珈琲」は、自家焙煎(手回しロースター)、ネルドリップ・点滴ドリップ、深煎りのコーヒーが頂けるお店。

店内は元々スナックだったお店を、雰囲気そのままに活かした空間作りになっている。
長いカウンター、ベルベットの深紅チェア、天井まで覆われたファーの壁材が特徴だ。

そんなお洒落な雰囲気で味わう、ブレンドコーヒーのデミタスが何とも至福だ。

手回し焙煎機は、大坊珈琲店モデルの1kg窯を使用されている。

今回はそんなこだわりのコーヒーを2杯頂いてきたので、レビューする。

江古田コーヒー「ぐすたふ珈琲」周辺・外観

江古田コーヒー「ぐすたふ珈琲」周辺

お店は江古田駅から歩いて5分ほどの所にある。

江古田駅の近くには日大や武蔵大学があって、若者の活気で満ちている。
一方、良い感じの下町感もあって、独特な雰囲気がある街だ。

お店近くまでくると、表の通りにわかりやすく、ベルベットの深紅のチェアがポツンと置いてある。
ぐすたふさんと言えばこの椅子だ。

お店はこの先。

江古田コーヒー「ぐすたふ珈琲」外観

お店外観。
ここでも深紅のチェアが目印。

江古田コーヒー「ぐすたふ珈琲」店内

江古田コーヒー「ぐすたふ珈琲」店内

店内は、昭和のスナックの様な雰囲気をわざと残してあり、味があってお洒落だ。

何より、外の案内板にもなっていた背もたれ付きの深紅チェアが凄く良い。
このお店をよく表現してる。
壁材のファーは、天井まで覆っている、凄いな。

店主に聞くと、やはり物件は居抜きで、元々スナックだったお店とのこと。

店内は長いカウンターと奥にはテーブル席もある。

江古田コーヒー「ぐすたふ珈琲」メニュー

江古田コーヒー「ぐすたふ珈琲」メニュー

コーヒーは、自家焙煎とそうでないものに分かれている。

そうか、もともとぐすたふさんは国立の「カイルアコーヒー」さんに豆の焙煎をお願いしていたんだったなぁ。
その後、自家焙煎にうつられたんだ。

自家焙煎のコーヒー豆はカウンターに瓶が置かれてて沢山種類がある。
その横には手回し焙煎機、大坊モデル1kg。

コーヒー豆は、エチオピアナチュラルとウォッシュド、ブラジル、コロンビア、イエメン、デカフェや浅煎りのハイチもある。
え、ハイチ?珍しい。。
お客さんでコアなコーヒーファンがいらっしゃるらしく、主にその方向けに焼かれているらしい。
ほー。

標準の自家焙煎コーヒーは20gで100ccの抽出。
デミタスは30gで60ccとのこと。

コーヒー実飲・レビュー

江古田コーヒー「ぐすたふ珈琲」エチオピア

甘味のあるコーヒーでお勧め頂いたのは、エチオピア・ナチュラルとブラジルだったので、今回はエチオピアのナチュラルを標準抽出で注文。700円。

店主の茅根さんは、ホテルニューオータニ東京の「かふぇ ぺしゃわーる」でネルドリップを淹れられていた経験をお持ちだ。

ネルドリッパーに関してお伺いすると、自作の3枚はぎのものを使われている。

抽出方法は、ほー、左手ネルを上下に動かす感じだ。
なるほど、なるほど。


コーヒーをさっそく一口。
おー、ズシンと重心重めだけど、後味クリアで旨いなぁ!
味わいは、少し麦芽の様な香りがある。
味の移ろいは上へではなく下に落ちて消える、枝垂れの様なイメージ。
花火が上がったあと、きれいに枝垂れてしゅっと消える感じだ。

旨いなぁ!

もう一杯頂こう。

江古田コーヒー「ぐすたふ珈琲」ブレンドデミタス

次は、ブレンドのデミタス。850円。

丁寧にネル抽出頂く。

一口頂くと、どひゃー、うまい!!

今度はさっきのエチオピアとは逆で、上に広がる感じだ。
華やかな香りが存分だなぁ。
強靭なボディだけど、抜け感と柔らかさがあるから飲みやすい。
焙煎も深すぎず、丁度良いなぁ。

いやー、美味しかった。

店主はとても気さくで優しく話しやすい方なので、コーヒーや高円寺、江古田の話などを沢山して盛り上がった。

いやー、良いお店だった。
また絶対来よう。

お店詳細