下北沢コーヒー豆「珈琲屋うず」こってりジューシーで、甘みたっぷりの深煎り

珈琲屋うず・通販 東京

下北沢コーヒー「珈琲屋うず」は自家焙煎(手廻しロースター)、ネルドリップ(点滴ドリップ)、深煎りのコーヒーが頂けるお店。

店主の古屋氏は今はなき青山の、大坊珈琲店に閉店までスタッフとして勤められていた方。


珈琲屋うずの過去記事↓

今回うずがネット通販をはじめられたので、コーヒー豆を通販した。

下北沢コーヒー「珈琲屋うず」コーヒー豆

下北沢コーヒー「珈琲屋うず」コーヒー豆

今回は、コロンビア サンアグスティン 深煎り 100g(850円)と、ブラジル トミオフクダ D.O.T(樹上完熟豆) 深煎り 100g(850円)を購入。

うずといえばコロンビアのイメージなので、ここは外せない。

あと1種類何にしようかなぁと考えて、エチオピアのシェカも良いなぁと思ったのだけど、焙煎度がより強いものを頂きたかったので、ブラジルのトミオフクダを選択。

200gの購入なので、レターパックライトの安い送料(370円)で届いた。

下北沢コーヒー「珈琲屋うず」店主古屋氏による一筆

細やかな心遣いが嬉しい。

私の好きな珈琲屋さんは通販の際、一言手書きを添えて郵送されるお店が多く、届く度毎回関心させられる。

下北沢コーヒー「珈琲屋うず」キャニスター缶と共に

以前お店で購入した、キャニスター缶と一緒に撮影。

普段からフル稼働で使ってます。

下北沢コーヒー「珈琲屋うず」コーヒー豆・コロンビア サンアグスティン 深煎り

こちらコロンビア。
見た目の焙煎は深めに感じるが、うずの中ではこれで浅め寄り。

ブラジルの豆と比較すると、豆サイズが少し大きい。

下北沢コーヒー「珈琲屋うず」コーヒー豆・ブラジル トミオフクダ D.O.T(樹上完熟豆) 深煎り

こちらブラジル。
おー、かなり黒い!
豆から油がたくさん滲み出てる。
油が潤沢だから「雷おこし」みたいに、たまに豆どうしがひっつくw

深煎りコーヒーのネルドリップ抽出

深煎りコーヒーのネルドリップ抽出・湯音

さっそくコーヒーをドリップ。

湯音は83℃くらい。

深煎りコーヒーのネルドリップ抽出・グラインドした豆

豆は手挽きミルで粗目(ザラメくらい)にグラインド。

どちらの豆も深煎りなので、手挽きがめちゃくちゃスムーズに回る。

ネルドリッパーは喫茶いずみで購入したものを使用。

喫茶いずみ・通販の過去記事↓

20gで100ccの抽出。
これくらい深い焙煎度の豆を抽出するのは、抽出時間がけっこう悩ましい。。
普段はゆっくり淹れるけれど、サッと淹れた方が良さそうかな?
とか思いつつ、まずはいつも通り4分半ほどかけて抽出。

深煎りコーヒーの実飲

下北沢コーヒー「珈琲屋うず」コーヒー豆・コロンビア サンアグスティン 深煎り・実飲

まずはコロンビアを頂く。

おー、こってりトロリと旨甘い!
苦さはあまり感じないで、ジューシーな旨味を強く感じる。
全方位にグワッと広がる。
中盤以降は、穏やかや淡さもある。
しかし本当に蜜の様に甘い。喉奥に少し甘さが居残る感覚。
香りは、ハーブの様な爽やかさを感じる。

ペアリングには、なんとなく「かりん糖」を一緒に食べたくなった。

下北沢コーヒー「珈琲屋うず」コーヒー豆・ブラジル トミオフクダ D.O.T(樹上完熟豆) 深煎り ・実飲

次はブラジル。

おー、非常に濃厚で、こってりだ!
それでいてジューシー!
まったりとろり、蜜感があってめちゃくちゃ甘い。
こちらはさっきのコロンビアよりも喉奥にじわっと甘さが残る。
煙香はほどよく心地良い。
香ばしい香りがあって、良い感じのナッツ風味だ。

こってりパワフル。
故に、少し早めに抽出した方が、より飲みやすさはあるかなぁと感じた。

しかし焙煎方法の想像が全くつかないな。。
どうやったらこういうコーヒーが作れるのかが全く不思議。

いやー美味しかった!
衝撃的なコーヒーだった。

誰かと議論したくなるコーヒー。

古屋さんのコーヒーは、頂く時期で味わいに変化がある。
だから飲む度に驚きがある。
毎回、前回飲んだ時ってどんな味だったか忘れてしまうんだよな。

手回し焙煎というアナログな手法で、時代と共に日々進化されているのが凄い。


エチオピアも飲んでみたいし、古屋さんが淹れる珈琲もはやく頂きたい。

うずうず。


ではまた明日。

大坊珈琲店の系譜・インスパイア店はこちら

その他、お薦めのコーヒー豆通販はこちら

お店詳細

お店の公式Twitter